プラセンティーナ 口コミ 最安値

プラセンタの副作用

プラセンタと一口に言っても さまざまな種類があります。

 

プラセンティーナなどの馬プラセンタサプリメントは 医薬品ではなく、栄養補助食品というカテゴリーとなります。

 

食品ですので 薬害などは基本的にない、ということになります。

 

ですが、食品という言葉にあるとおり、サプリメントの添加物などでアレルギー反応を起こしてしまうということもあります。

 

ですので、一定の食品にアレルギーがあるという方は 原料をよくチェックしてから使うようにしましょう。

 

また、どんなサプリメントでも 合う合わないということがありますよね。

 

飲んでみて 万が一気になるようなことがあれば すぐにやめて薬剤師さんなどに相談するようにしましょう。

 

 

そして病院などで扱われるプラセンタは 原料がヒトプラセンタの医薬品です。

 

ヒトプラセンタということで、プラセンタ注射を受けると その後献血ができないなどの制限が出ます。

 

また、注射そのものでかぶれるという場合もあります。

 

医療機関でプラセンタで治療を受ける場合は、お医者様によく説明を受けることをおすすめします。